がん緩和ケアと鍼灸 : 訪問リハビリマッサージ・鍼灸なら たにぐち鍼灸整体院

がん緩和ケアと鍼灸

治療の進歩により、がんを克服する人は増えてきました。
しかし、治療後(抗がん剤や放射線)の副作用に悩む人も多いのが現状です。

鍼灸や漢方薬を併用することで、つらい症状を緩和し、
QOL(生活の質)を上げるという試みが進んでいます。

鍼灸治療は抗がん剤の副作用による痺れやむくみ、便秘、長期の臥床による
筋肉痛などを癒やし、副作用はほとんどなく、どんな治療法とも併用可能になりました。

当院は、がん緩和ケアの鍼灸治療をはじめています。

現在、「たにぐち鍼灸整体院」では、
新座志木中央総合病院:緩和ケア科から、在宅リハビリ・鍼灸治療を希望する
患者さんのご紹介をいただいています。(実績を評価していただきました)

緩和ケア科の鈴木先生(鍼灸師)からは、

「がんの患者さんは常に不安や恐れと常に隣あわせ。
鍼灸は元気な時からその人の寿命を終えるときまで、心と身体の不調を和らげ、
日常生活を向上させる積極的な治療であり、緩和医療の一翼を担うと考えています」

という、お言葉をいただきました。

紙岡 久子(かみおか ひさこ)先生

練馬区大泉町在住 はり師・きゅう師

はじめまして。たにぐち鍼灸整体院と業務提携をさせていただきました紙岡久子です。

私の鍼灸師としてのスタートは遅いものでしたが、ずっとご利用者様のお身体に触れる仕事をして参りました。

鍼灸師になる前は、歯科技工を5年。出産で歯科を辞めた後にアロママッサージの資格をとり、出産入院中の方の産後ケアを開始しました。ほぼ同時期に老人ホームにて、認知症予防や足の浮腫(むく)み緩和ケアも始めました。その後、不妊治療専門病院で精油を使ったリフレクソロジーを提供してきました。

そんな中で、より満足いただける施術ができるようになりたいとの思いから、鍼灸の国家資格を取得。現在は、産院や介護施設での施術のほか、不妊治療院での子宝鍼灸も行っています。

これまでで最も印象に残っているご利用者様は、末期癌の方でした。どんな聖人も肉体との別れは怖いものと聞いた事がありますが、このご利用者様は人の手には何がしかの癒しがあると、最後まで私の施術を受けてくださいました。また現在は89歳の姑と暮らしておりますが、高齢者の身体の様子、心のひだを、そばにいてくれます姑に、日々教えられます。こんな経験から、身体の不調だけでなく心もゆったりできる、そんな施術をご提供出来るように日々精進しております。

練馬区を中心に、板橋区、中野区、埼玉県和光市周辺等、幅広い範囲で訪問させて頂きますので、お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

詳しくは、お気軽にご連絡ください!

朝霞市 訪問リハビリマッサージ 訪問鍼灸のたにぐち鍼灸整体院 お電話でご予約・お問い合わせは朝霞市 訪問リハビリマッサージ 訪問鍼灸のたにぐち鍼灸整体院 メールでご予約・お問い合わせは

※施術中は、電話に出られない場合がございます。
その際は、留守番電話のメッセージに、お名前・ご連絡先をメッセージしてください。後ほど、谷口からご連絡を差し上げます

このホームページで紹介している内容は、効果を保証するものではありません。また、効果には個人差がございます

お電話でのご予約・お問い合わせ